【開聞岳】を見るならこの場所!開聞岳の12の観光スポットを紹介します

大野岳から見た開聞岳と池田湖

南薩摩を代表する観光スポット開聞岳。この開聞岳は別名『薩摩富士』とも呼ばれるほどの美しい山です。

その開聞岳を見るのに適した12の絶景スポットをご紹介いたします。開聞岳の写真を撮るならこの場所です。

指宿、知覧をはじめ南薩摩を観光する上での参考にしてください。

目次

開聞岳は薩摩半島の南端に位置する標高924メートルの美しい山

開聞岳は日本百名山にも選ばれている美しい山で、山頂まで歩いて登ることができます。

山頂までの所要時間:登りは歩いて約3時間30分、下りは歩いて約2時間かかります。山頂から見える景色も素晴らしく、開聞岳の北側には池田湖が、南側には東シナ海が良く見えます。

おんなのこ

開聞岳は富士山にも似た形状から『薩摩富士』とも呼ばれています。

薩摩半島の南の海岸線から見える開聞岳は特に美しいです。

開聞岳の絶景が見れる観光スポット(①瀬平公園、②大野岳公園)

瀬平公園からの開聞岳
①瀬平公園からの開聞岳

上の写真は南九州市頴娃町にある①『瀬平公園から撮った写真です。

瀬平公園は指宿市開聞町から頴娃町へ向かう海岸沿いの小さな公園です。

瀬平公園の駐車場は車が数台止められるほどの小さな公園ですが、開聞岳や東シナ海、枕崎市へ続く海岸線がきれいに見える公園です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる