【唐船峡】はそうめん流しで有名な手軽に行ける指宿市の観光地!

唐船峡 南薩摩エリア
唐船峡

鹿児島の指宿市開聞にある『唐船峡』は、そうめん流しで有名なところです。

年間、20万人が訪れるという市営唐船峡は、真夏でも涼しい峡谷にあります。

元開聞町の町長だった、井上廣則さんが助役時代に考案した回転式そうめん流し機を、昭和45年(1970年)に意匠登録、回転式そうめん流しの発祥の地となっています。



駐車場から階段を下りて唐船峡へ

唐船峡階段

唐船峡階段

駐車場からすぐの所にあるアーチをくぐって階段を下りていきます。

ビルでいうと、6階分くらいの階段を下りていきます。

普段は、ビルの6階分の階段を下りるとなると、いやなのですが、下りた先に唐船峡があるとなると、少しワクワクして、気が付くと一番下まで下りてしまっています(笑)

真夏でも涼しい唐船峡

豊富な湧き水

豊富な湧き水

唐船峡は峡谷にあります。

回りの木々と美しく豊富な湧き水により、真夏でも涼しいところです。

『全国水の郷百選』にも選ばれた、美味しい湧き水により、唐船峡は一年中『そうめん流し』を営業しています。



唐船峡のメニューが階段下に設置されています

唐船峡のメニュー

唐船峡のメニュー

唐船峡の階段を下りきったところに、メニューが設置されています。

シンプルなメニューでどれを食べるか決めたら、食券売り場で食券を買います。

食券売り場の横にも商品のディスプレイがあるので、そこで決めても良いです。

私のおすすめは、メインのそうめんとマスの塩焼き、鯉こく、鯉のあらい、おにぎりがセットになっているAセットです。

食券を買ったら座る場所を決めて食券受付へ行きます

番号が振られた席

番号が振られた席

そうめんがくるくる回るそうめん流し機の1つ1つに番号が振られています。

食券を購入したら番号が振られた席を決めて、食券受付で食券を渡して席の番号を告げます。

しばらくするとその番号の席に、注文した食事を持ってきてくれます。

ただし、水はセルフサービスなので自分で取りに行ってください。

お茶は、食事と一緒に持ってきてくれます。

食券受付

食券受付



そうめんが来たら冷やします

そうめんを入れて冷やす

そうめんを入れて冷やす

そうめんが来たら水が回転している、そうめん流し機へ投入します。

この水は少しずつ真ん中へ向けて流れ出ているので、常に綺麗な水となっています。

そうめんを冷たい水で回転させながら冷やしていきます。

いざ実食へ

いざ実食へ

残りの食事が来た頃にはそうめんが冷たく冷えているので、おいしく召し上がれます。

唐船峡の麺つゆはとても美味しいので、ここの麺つゆを買って『自宅そうめん』をしています。

唐船峡のそうめんはもちろん美味しいのですが、鯉こく、鯉のあらい、マスの塩焼、おにぎりは、唐船峡で食べるとどれも美味しく感じるので、いつもこのAセットを注文してしまいます(笑)

唐船峡そうめん流し

唐船峡そうめん流し

湧き水の池で泳ぐ魚たち

湧き水の中の魚たち

湧き水の中の魚たち

唐船峡では湧き水が湧き出ている魚たちを見て、涼むこともできます。

入場料はいらないので、見物だけでもできます。

綺麗な湧き水の池の中を、沢山の魚たちが泳いでいます。

池のほとりの川上神社には参拝の人が絶えません。

川上神社

川上神社

実は唐船峡にはエレベーターがあります

唐船峡のエレベーター

唐船峡のエレベーター

唐船峡にはちょっと長い階段があります。

下りる時は良いのですが、上るとなると『ちょっと』と思われるかもしれません。

そんなあなたに、エレベータもあります。

1階段分歩いて上がらないといけませんが、ビルの2階から6階までの高さまでをエレベータで登れます。

1階段分は車いす用のスロープがありますので、足の不自由な方はそちらを使うとよろしいかと思います。

もちろん、下りてくるときにも使えます(笑)

唐船峡の施設案内

住所鹿児島県指宿市開聞十町5967
アクセスJRの指宿駅から車で約25分
営業時間開始時間は10時からで、終了時間が季節によって変わります
定休日年中無休
駐車場470台

九州の格安レンタカー予約なら【スカイレンタカー】



タイトルとURLをコピーしました