【西郷隆盛】の鹿児島市におけるゆかりの地を紹介します!

西郷屋敷跡

鹿児島市は、西郷隆盛のゆかりの地を数多く残しています。例えば『西郷隆盛誕生地』、『西郷屋敷跡』、『私学校跡』、『西郷洞窟』、『西郷隆盛終焉の地』、『南洲墓地』などです。紹介するほとんどがバスや電車に乗って行ける所にあります。

目次

鹿児島市にある西郷隆盛のゆかりの地

西郷隆盛誕生地

西郷隆盛誕生地
西郷隆盛誕生地

西郷隆盛のゆかりの地の1つ目は、『西郷隆盛の誕生地』

西郷隆盛の誕生地加治屋町の維新ふるさと館の駐車場前です。西郷隆盛は文政10年(1828年)に加治屋町で生まれ、大久保利通等と一緒に育ちました。すぐ近くの甲突川河畔は、『甲突川歴史ロード維新ふるさとの道』として散策路が整備されています。

住所鹿児島県鹿児島市加治屋町5
アクセスJR鹿児島中央駅から徒歩約13分
維新ふるさと館から徒歩約1分弱
駐車場有りません

西郷屋敷跡

西郷屋敷跡
西郷屋敷跡

西郷隆盛のゆかりの地の2つ目は、『西郷屋敷』

西郷屋敷跡JR鹿児島中央駅の裏手の九州新幹線の線路沿いにあります。西郷隆盛が明治6年(1873年)から明治10年(1877年)まで住んでいた場所です。ここの対座の像は、西郷隆盛と庄内藩家老菅実秀(臥牛)が明治8年にこの地で親睦を深めたことを記念して作られたものです。

住所鹿児島県鹿児島市武2丁目28-7
アクセスJR鹿児島中央駅から徒歩約8分
駐車場有りません

私学校跡

私学校跡
私学校跡

西郷隆盛のゆかりの地の3つ目は、『私学校跡』

私学校跡黎明館の並びの国道10号線沿いにあります。明治6年(1873年)に起きた『明治六年政変』で参議を辞めた西郷隆盛が鹿児島へ帰って来て、鹿児島の士族たちのために私学校を創設しました。

住所鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス市電・市バスの「市役所前」から徒歩約5分
黎明館から徒歩で約2,3分
駐車場有りません

写真の私学校跡の石碑の場所は、磯街道を石垣に沿って地図の上(磯方面)へ進んだところです。

西郷隆盛洞窟

西郷洞窟後
西郷洞窟後

西郷隆盛のゆかりの地の4つ目は、『西郷隆盛洞窟』

西郷隆盛洞窟黎明館横の道から城山展望台へ上る途中にあります。明治10年(1877年)の西南戦争で西郷隆盛が最後の5日間を過ごしたと言われる洞窟です。

住所鹿児島県鹿児島市城山町
アクセスJR鹿児島中央駅からカゴシマシティビューで約18分(西郷洞窟前)
駐車場数台駐車可

西郷隆盛終焉の地

西郷隆盛終焉の地
西郷隆盛終焉の地

西郷隆盛のゆかりの地の5つ目は、『西郷隆盛終焉の地』

西郷隆盛終焉の地西郷洞窟から下り、1つ目の信号の先の左手にあります。明治10年(1877年)9月24日、西郷隆盛はこの地で亡くなりました。49才でした。現在は南洲墓地で眠っています。

住所鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス市電の「水族館口」から徒歩約7分
黎明館から徒歩で約5分
駐車場有りません

その他のゆかりの地

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる