【霧島神宮】は霧島観光の中心!9つの見どころを紹介します!

霧島観光の中心でもある霧島神宮は、平成元年(1989年)に国の重要文化財に指定された朱塗りの美しい神社です。また、日本神話で高千穂峰に降り立ったとされる『ニニギノミコト』を主祭神とする神社です。ここでは霧島神宮の9つの見どころを紹介します。

また、3月下旬の桜、5月中旬のミヤマキリシマ、11月下旬の紅葉も綺麗です。

目次

【霧島神宮】9つの見どころ

1.霧島神宮の朱塗りの本殿と拝領殿

霧島神宮本殿
霧島神宮本殿

現在の霧島神宮の朱塗りの本殿は、正徳5年(1715年)に、薩摩藩の藩主であった島津吉貴公の寄進によるものです。三の鳥居を過ぎて、林の中の参道から見えてくる本殿は、とても美しいです。

林の中からの霧島神宮
林の中からの霧島神宮

神社の建造物だけでなく、神社の内部にも美しい装飾が施されている霧島神宮の本殿は『西の日光』とも呼ばれています。

2.霧島神宮に飾られたゾウと狛犬の彫り物

霧島神宮のゾウと狛犬の彫り物
霧島神宮のゾウと狛犬の彫り物

霧島神宮のお賽銭箱の横の柱に、ゾウと狛犬が並んで飾られています。ゾウは仏教の影響を受けたものでしょう。また、狛犬は神社や寺院の入り口に配置されていますが、ここでは神社の影響を受けたものでしょう。

霧島神宮拝領殿
霧島神宮拝領殿

霧島神宮は、慶胤(けいいん)という僧が西暦540年に、高千穂峰と御鉢との中間に社殿を建てたのが始まりです。天暦年間(947年~957年)には性空上人(しょうくうしょうにん)が高千穂河原に社殿を建てました。

その後、文明16年(1484年)に島津家11代当主の島津忠昌公が、兼慶(けんけい)上人に命じて現在地に社殿を建立しました。

3.樹齢約800年の霧島神宮の御神木

霧島神宮の御神木
霧島神宮の御神木

霧島神宮の御神木は、正殿の正面にあります。樹齢約800年、高さ約38メートル、幹廻7.2メートルの大きな杉の木です。

おとこのこ

周りは柵でおおわれていて、さわることはできませんが、近づくと、何かしら感じるものがあります(個人的感想です)

4.霧島神宮のさざれ石

霧島神宮のさざれ石
霧島神宮のさざれ石

霧島神宮のさざれ石は、昭和62年(1987年)に、岐阜県揖斐川町から奉納されたものです。国歌に詠まれている『さざれ石』が見れる貴重な場所です。

5.龍の形をした霧島神宮の手水舎

霧島神宮の手水舎
霧島神宮の手水舎

霧島神宮の手水舎(てみずしゃ)は、龍の形をした水の注ぎ口となっています。これは、肥後(今の熊本県)の名石工である岩永三五郎と言われています。彼は江戸時代末期の人で、鹿児島城下にあった五石橋の制作に携わった人です。

霧島神宮の手水舎
霧島神宮の手水舎

6.霧島神宮の招霊木(おがたまのき)

霧島神宮の招霊木
霧島神宮の招霊木

霧島神宮の二の鳥居と三の鳥居の中間地点、社務所の前に『招霊木(おがたまのき)』があります。これは、神霊を招く木として、よく神社に植えられている木です。

7.霧島神宮の神聖降臨之詩碑

霧島神宮の神聖降臨之詩碑
霧島神宮の神聖降臨之詩碑

霧島神宮の神聖降臨之詩碑には、徳富蘇峰が昭和27年(1952年)に詩詠・揮毫(きごう)した五言絶句が刻まれています。

8.霧島神宮の展望所

霧島神宮の展望所
霧島神宮の展望所

霧島神宮の展望所からは、霧島の山並みを眺めることが出来ます。また、天気の良い日には、桜島や錦江湾方面を眺めることも出来ます。展望所の近くには、大きな参詣者休息所もあります。

霧島神宮の休息所
霧島神宮の休息所
おとこのこ

鉾餅が美味しかったです。

9.霧島神宮大鳥居と足湯

霧島神宮大鳥居
霧島神宮大鳥居

霧島神宮の入り口にある大鳥居はとても立派です。その大鳥居の右手には高千穂峰(たかちほのみね)が一望できます。また、大鳥居の左手には、霧島市の観光案内所があります。

霧島市観光案内所
霧島市観光案内所

そこには、心身ともにリラックスできる『霧島観光案内所「あし湯」』があります。霧島観光案内所「あし湯」は、2018年度ゆ旅対象施設(65施設)のひとつです。

霧島市観光案内所足湯
霧島市観光案内所足湯

霧島神宮の紅葉(11月下旬頃)

霧島神宮の紅葉
霧島神宮の紅葉

霧島神宮は紅葉の時期も楽しめます。境内を回ると、あちらこちらに色づいた木々から秋を感じます。

霧島神宮の紅葉
霧島神宮の紅葉

霧島神宮の施設案内

住所鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
アクセス九州自動車道の溝辺鹿児島空港ICから車で約40分
営業時間8時~17時30分(授与所)
休日年中無休
参詣無料
駐車場500台
公式ページ霧島神宮

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる