【知林ヶ島】は800メートルの砂の道が現れて歩いて渡れる島!

魚見岳から見る知林ヶ島とちりりんロード

指宿市に周囲3キロメートルの『知林ヶ島』と言う無人島があります。

知林ヶ島は3月から10月の期間『ちりりんロード』と言う砂の道(砂州)が現れて、指宿市側から知林ヶ島へ渡ることができます。

休みの日には多くの人が知林ヶ島へ歩いて渡っています。

目次

知林ヶ島へ渡るまえに海のテラスから確認します

知林ヶ島の海のテラス
知林ヶ島の海のテラス

『ちりりんロード』の入り口に、『海のテラス』という見晴らし台があります。ここから、砂の道の状況を確認できます。

ちりりんロード出現前
ちりりんロード出現前

ちりりんロードが出現するまで知林ヶ島へ渡ることはできません。

ちりりんロード出現前
ちりりんロード出現前
おんなのこ

知林ヶ島にはトイレも水道もありません。渡る前の準備はおこたりなく。

おとこのこ

夏場は日差しがきついので、帽子などをかぶって行くことをおすすめします。

島からの引き上げ時刻
島からの引き上げ時刻

この地点には知林ヶ島へ渡る人が守るべき決まり事が書かれています。

一番大事なことは『砂の道が消える時刻』と、それに合わせて『知林ヶ島を出る時刻』です。

必ず、確認して、決まり事は守って楽しい観光をお願いします。

知林ヶ島へ渡れる時間は5時間程度

ちりりんロードの入り口
ちりりんロードの入り口

ちりりんロードが開かれるのは3月から10月の大潮から中潮の5時間程度です。

島との間の海が、だんだんと砂の道に変わっていきます。

ちりりんロード開始
ちりりんロード開始

知林ヶ島までは800メートルの距離があります。

砂の上を歩いて行くので、できるだけ歩きやすい所を選んで行くのが良いかと思います。

知林ヶ島のちりりんロード(砂の道)

ちりりんロードの砂の道
ちりりんロードの砂の道

海が引いて出来た『ちりりんロード』にできる砂の道は、普通に波が寄せては引いていきます。

上の写真は錦江湾の入り口側ですが、こちらは波があります。

ちりりんロード
ちりりんロード

逆に、反対の錦江湾の内部側の方はあまり波が無いように見えます。

つまり、島の間のこのあたりは潮の流れができているものと思われます。

800メートルの砂の道を歩いて知林ヶ島へ到着しました

知林ヶ島のパワーストーン
知林ヶ島のパワーストーン

知林ヶ島へ到着したときに、すぐに目に付くのがこの、パワーストーンです。

知林ヶ島のガイドさんによると、この大きな岩に触りながらお願いすると、願い事がかなうとか(笑)

それにしても、大きな石です。近くでみると迫力があります。

知林ヶ島の休憩所
知林ヶ島の休憩所

知林ヶ島への道、ちりりんロードの砂の道を800メートル歩いたのち、この休息所に着きます。

ガイドさんがいらっしゃって、いろいろと教えていただけます。

知林ヶ島の遊歩道

展望台への道
展望台への道

知林ヶ島の休息所から知林ヶ島の遊歩道へ行けます。遊歩道を上って行くと南側展望台へ到着。

知林ヶ島登り口へ
知林ヶ島登り口へ

展望台への登り口は休息所から50、60メートルほど南側です。

休息所から登り口までは途中、岩があるので、できるだけ砂地を歩いたほうが歩きやすいです。

展望台への登り口
展望台への登り口

知林ヶ島の遊歩道には、1か所の休息所と2か所の展望台があります。

最高標高90メートルですが、遊歩道を行かれる方は帰りの時間を計算に入れて行ってください。

帰りの時間を再確認
帰りの時間を再確認

こちら側にも帰りの時間を注意するように、看板が置かれています。

知林ヶ島からの帰りの時間はくれぐれもご注意ください。

新幹線を利用することで鹿児島へ遊びに行くことが大変楽になりました。
新大阪駅から鹿児島中央駅まで新幹線で最短3時間41分。
JRとホテルのセットプランはお得感もあります。

知林ヶ島近くのキャンプ場

知林ヶ島近くのキャンプ場
知林ヶ島近くのキャンプ場

知林ヶ島へ渡る入り口のあたりに、指宿エコキャンプ場があります。

指宿エコキャンプ場は霧島錦江湾国立公園内にあり、休暇村の施設の一部になります。

休暇村には普通のお部屋も、温泉も、砂むし温泉もあります。

知林ヶ島からの帰りに温泉に入るのも良いのではないでしょうか。

じゃらんで『休暇村 指宿』を確認する

知林ヶ島へのアクセス

住所鹿児島県指宿市西方
アクセスJRの指宿駅から車で約9分
JRの指宿駅からバスで約10分
駐車場400台
公式ページ知林ヶ島

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる